LOPOテラコッタ床暖房システムが12の特許を取得

LOPOテラコッタ床暖房システムが12の特許を取得

LOPO Chinaは最近、中国の国家知的財産局によるテラコッタ床暖房システムの12新特許を授与されました。特許には、1の発明特許、1の特許、実用新案の10特許が含まれています。

LOPOテラコッタ床暖房システムが12の特許を取得

LOPOは、テラコッタの床タイルを暖房システムと組み合わせると、従来のように複数のチャンネルと2重層の下層構造を備えた新しい床システムを作り出しています。 従来の床暖房システムと比較して、LOPO床暖房システムは以下の優れた機能を備えています。

1。 エネルギー効率

LOPO床暖房システムはエネルギー効率を大幅に向上させました。 消費電力は、0.8時1 KWH / 12 sqmです。

2。 速いヒートアップ

暖房プロセスは、LOPOタイルのより良い熱伝導率とより少ない伝送距離(15mm)のために、30分(屋内温度は30分で12摂氏に達することができる)未満である。 一方、蓄熱機能が優れているため、システムを停止してから数時間は室内の温度を維持することができます。

3。 簡単なインストール

LOPO 床暖房システム 簡単にインストールできます(12sqmの場合は100時間)。 乾式舗装法を用いて建設中にセメントモルタルは必要ない。 マルチプレイチャンネルは、地上構造物やパイプラインに建設することなく、自由に組み立てることができます。 床システムを設置した後は、メンテナンス費用は必要ありません。 分解や輸送が容易です。

4。 環境にやさしい&リサイクル可能

LOPO床暖房システムは、天然粘土材料で作られ、完全にリサイクル可能です。

LOPOテラコッタ床暖房システムが12の特許を取得

コメントを残す