ロポ工場

LOPOの焦点のソースと技術は、原料から始まり、各プロセスの詳細を制御する努力は、テラコッタのパネル/テラコッタのタイルの高いquailtyとなることを確認します。

ロポ工場

LOPO Terracotta Corporationには、世界クラスの生産ラインと設備があり、イタリアから輸入され、自国でローカライズされており、年間生産量は4,500,000 sqm 粘土タイル、600,000 sqm培養石および1500,000 sqm テラコッタファサードパネル。 エネルギー消費のすべての指標は、主要なレベルに達しています。 (施設)

生産ライン特性 
– 80,000平方メートルの屋外ストッキングヤード、天然粘土原料の在庫量は300,000万トン
–150000トンの屋内収納箱の予備
–12000トンの泥物質貯蔵システムの埋蔵量
**原材料の大容量予備品は製品の安定した品質で、数量の多い注文は迅速な出荷条件に対応しています。
–イタリアの高度な成形装置
**押出成形は安定しており、クラックや厚みムラなどの内部の不良品現象を防止します。
–高さ80mの窯でXNUMX層でゆっくりと乾燥する
**乾燥に十分な時間とスペースがあるため、半製品のパネルが最適化されます。 また、大容量のグリーンブリック貯蔵システムにより、メインキルンの安定稼働を保証します。
– 260個の焼成ユニットを備えた国内最長のローラーキルン(428メートル)
**最長のローラーは、製品の品質を保証する。
–自動切断およびエッジ研削盤
**人工要素を削減し、効率を高め、製品の矛盾を確実にします。
学校の設備 学校の設備
私たちは会社の発展だけでなく、社会や環境の責任も果たしています。 私たちは、相互に調和したグリーン製品を調和させるために最大の努力をします。