LOPOフレキシブルレンガ塗布方法

LOPOフレキシブルレンガ塗布方法

柔軟性のあるレンガのスリップを新しく塗布した接着剤に完全に埋め込んで、レンガのスリップの間に8-12 mm幅の目地を残します。 スリップをゆっくり押して上下に動かして接合部を調整します。ブリックスリップの端が接着剤で完全に覆われていることを確認します。

LOPOフレキシブルレンガ塗布方法の紹介:

新興の建築装飾材料として、LOPO フレキシブルレンガ 天然粘土と繊維でできたシートです。 環境に優しいだけでなく、設置するのにも非常に便利です。

LOPOフレキシブルレンガ塗布方法


  1. ベース層が処理された後、設置壁領域にping線をはめ込みます。 刻み目のあるこてで壁に2-3mm厚の接着剤を塗ります。 接着剤が乾きすぎて塗ることができない場合は、腕に届く長さと同じ長さの面積を塗ってください。
    または、裏面の少なくとも80%が覆われた状態で、各フレキシブルタイルの裏面に接着剤を塗布することもできます。

  1. を埋め込む 柔軟なレンガのスリップ 新しく塗布した接着剤を完全に入れて、レンガの間に8-12mm幅の目地を残します。 スリップをゆっくり押して上下に動かして接合部を調整します。ブリックスリップの端が接着剤で完全に覆われていることを確認します。

  1. 基礎接着剤が半乾燥したら、グラウト作業を開始できます。 すべてのジョイントが完全にグループ化されていることを確認してください。

  1. グラウトが半分乾いたらジョイントを閉じます。

  1. ジョイント接着剤が半乾いたら、乾いたブラシか乾いたスポンジを使って表面の余分な接着剤を取り除きます。