LOPO China、第2テラコッタ製品生産ラインを導入

LOPO Chinaは、2014の後半に生産を開始する予定の第2キルンのエンジニアリング建設を完了したことを本日発表しました。

LOPOによって独自に設計され開発された第2のローラーキルンは、長さ260m、幅2.3m、高さ200mmです。 このラインの完成により、同社は大きな寸法と特殊形状のテラコッタパネルとルーバーを生産することができ、2mと195mmの製品寸法を最大化することにより、同社の全生産ラインの柔軟性を向上させます。 窯はLOPOを象徴しています。中国は、顧客の個別化された要求をよりよく満たすために、全体的な生産技術と製品品質をより高いレベルにアップグレードしました。

生産を開始する生産ラインにより、LOPO Chinaはテラコッタパネルの日々の生産量が5000平方メートルに達し、生産能力の面で中国のテラコッタパネル業界で最大の企業となり、 テラコッタルーバー 4000meters。

「LOPOは、テラコッタパネルとルーバー業界の有望な見通しだけでなく、独立した研究能力に対する自信にも積極的な投資をしました」と鵬興華(Peng Xinghua)会長は次のように語った。「私たちは、他の国内メーカーが頻繁に行った価格競争ではなく、当社の差別化された競争力を促進して市場シェアを拡大​​しています。

LOPOについて

LOPOは2002のPeng XinghuaとMs. Yang Meiyuによって設立された中国建築資材の製造業者です。 家族経営の企業として、LOPOは、テラコッタパネル/テラコッタルーバー、粘土タイル、人造石の3つの製品シリーズの製造に注力し、顧客に高品質な製品を提供することに専念しています。 LOPOは正式に2011のテラコッタパネル生産ラインを立ち上げ、中国の国内販売でNO.1とランクされた最も競争力のある製品を生産しました。

コメントを残す