建築テラコッタ材料の紹介

いくつかの人々は、テラコッタが粘土をベースとした製品であることを知っている。粘土は、現在乾燥していて、ガラス張りで、発射される前に、彫刻されているか、または正確な形態に成形されている。 これは、ファクターやクラッディングのための非常に人気のある材料の後であった。それ以来、それは劣化する可能性がかなり低い他の多くの成分で置き換えられた。 まだ建築用テラコッタに集中している組織があります。

地球上では、テラコッタの重要な構造物の多くは、温度によってゆっくりと徐々に悪化しています。また、テラコッタを固定して補助するのに利用されている金属棒が錆によって飲み込まれています。 それを復元したり変更したりすることに興味がある人は、歴史的なテラコッタに奇妙な類似点を持っていますが、以前は拡張されて軽いいくつかの要素を利用することができます。

理想的には、この記事では、トリガーの要素についてのいくつかの質問に対する救済策を提供します。 現代の代替えは建築用のテラコッタとみなされ、通常の種類は歴史的なものとして言及されます。

建築用テラコッタ材質について

この種のテラコッタは、テラコッタの物を覆うか変更するために使用される材料です。 ちょうどその兄弟のように、 建築テラコッタ 粘土を用いて製造される。 また、鉱物、ガラス繊維、骨材も含まれており、より多くのエネルギーを提供します。 テラコッタの歴史的なタイプのテクスチャ、色合い、または仕上げの複製に優れています。 彫刻、ベースリダクション、またはドームのための柱、仕切り、建築面を覆うようないくつかの目的には素晴らしいことです。

現代の代替品。

テラコッタの最初の部分のように結果が見えることを確信するために、仕上げの大規模な選択を使用することができます。 この信じられないほど柔軟な物質は、グレーズされていてもいなくてもよく、マットまたは光沢のある端を有することができ、いくつかの色または孤立した色を統合することができる。 それは花崗岩と非常によく似た生産さえできる。 質の良いものも提供されています。 最も一般的なタイプの間には、工具付き、裏地付き、すっきりまたは櫛型があります。

建築用テラコッタとパネル。

建築用のテラコッタパネルを購入することは可能です。 シナリオがテラコッタのいくつかのセクションの代用を要求するとき、パネルは適切な方法です。 しかし、実際には2つの項目を考慮する必要があります。 パネルのサイズは14フィート、幅は8フィート、6インチです。 建築用のテラコッタパネルの厚さは、1インチにつき4分の1インチにすることができます。 通常、このタイプのテラコッタから作られたパネルは非常に軽く、クラッドとして利用することができます。

それを使用する理由。

あなたが建築用テラコッタを使用しなければならない最も重要な正当な理由の1つは、テラコッタの他の様々なものが製造に単純ではないということです。 これに加えて、建築用のテラコッタは軽く、仕事をやり遂げるのが簡単で、長持ちします。 詳細はテラコッタパネルをご覧ください。

コメントを残す